iphone8のワイヤレス充電と強化される防水

  • iphone8の画期的な特徴

    • iPhoneは2017年に10周年を迎え、それを記念したモデルが「iphone8」です。このiPhoneは、従来のタイプとは全く異なったコンセプトによって設計されており、画期的な端末になること間違いなしとされています。

      先ず、本体ボディにガラスが採用されており、iPhone5から受け継がれてきたアルミ製ボディから大きく変化します。

      ガラスが採用された主な理由としては、ワイヤレス充電を念頭においているためで、アルミは通電の危険性があるからです。



      また、電波の受信感度の面においても、ガラスの方がアルミ素材よりも優れています。

      iphone8はディスプレイにおいても、有機EL(OLED)画面を採用しており、液晶画面から最先端技術に移行しました。OLEDは発光ダイオードが組み込まれたディスプレイで、画面自体が発光するという画期的なものです。
      液晶画面のようにバックライトを必要とせず、デバイスの省電力化と薄型化に大いに貢献するものです。



      また、ディスプレイの素材自体はプラスティックにできるので、柔軟性のある曲面にすることが可能になります。
      そして、ディスプレイの強度を高めるために、宝石にもなっているサファイアを採用する計画があります。現にAppleは「サファイア成分の熱処理システム」の特許を所有しており、実用化が秒読み段階に入っています。



      加えて、iphone8ではホームボタンがディスプレイから除かれており、本体画面全体がディスプレイになっています。

top